さまざまな方法

婦人

病気ではないけれど、なんとなく体調がすぐれないと感じている方は意外と多いようです。また、病院で検査などをしても特に異常は見つからず、原因不明の体調不良が続いているという方も少なくありません。特に、女性に多いのです。原因はさまざまですが、女性ホルモンの分泌量が原因の場合も少なくないようです。女性は、ホルモンバランスがとても大切だといわれています。女性ホルモンの分泌量が少なくなってくると、体に不調を来たす方は多いのです。特に、生理前や更年期の時期は体調がすぐれないと感じる女性がたくさんいらっしゃいます。女性ホルモンを増やすことで、体調が安定したという方も多いのです。女性ホルモンを増やす方法は、たくさんあります。比較的簡単にできるのが、食生活の改善です。大豆には、大豆イソフラボンという女性ホルモンに似た成分が多く含まれています。ですから納豆や豆乳、お味噌汁などの大豆製品を毎日摂るようにするだけで女性ホルモンを増やす効果が期待できます。大豆製品が苦手な方は、大豆イソフラボンのサプリメントなどを飲むようにすると良いでしょう。また、冷えは女性の大敵だといわれています。特にお腹周りを冷やしてしまうと、女性ホルモンの分泌量が安定しなくなることがあるのです。ですから、腹巻やカイロを貼るなどして、できるだけお腹周りを温めてあげると良いでしょう。女性ホルモンを増やすことで、うつ病のような症状が改善することもあるのです。